革命前夜、君にキスした

北ムラサキ

「あの雪の日、私は運命にさらわれた――」極道の娘として生まれ育ったユリカは、そのせいで失恋してばかり。それでも“運命の恋にきっと出会える”という亡き母の言葉を信じるユリカの前に現れたのは、熱い眼差しと冷淡な態度を兼ね備えた大人の男・室(むろ)だった――。危ういのに惹かれてしまう、逃避行ラブストーリー!